ムダ毛の自己処理はどれをとっても肌を傷つける

肌に色素沈着が起こる理由

ムダ毛の自己処理はどの方法であれ、肌を傷めます。最も身近な方法は、カミソリで剃る方法でしょうが、肌の角質もそぎ落としてしまうため、肌は乾燥しやすくなります。乾燥を防ごうとメラニン色素が集まってくるため、しょっちゅうカミソリを当てているところには色素が沈着します。カミソリで毛を剃っても翌朝には、毛の断面が頭を出してきます。それを剃り落とすのは至難の業で、四苦八苦しているうちに、肌の角質はますます失われていきます。

除毛クリームの成分が

除毛クリームは、カミソリと違って肌に物理的な刺激をもたらし、損傷することはありませんが、化学的に影響を与えダメージをもたらします。本来はへちまとかスキンケア製品で保護しなければならない肌に、除毛するための化学成分を塗り込めるのですから、肌にいわけはないのです。カミソリと同様、翌朝には毛が顔を出します。脱毛テープや脱毛ワックスなら、翌朝ということはなく、10日くらいはきれいな肌でいられます。でも、毛を伸ばさないと使えない方法です。

脱毛機器も短い毛は無理

脱毛機器も、脱毛テープやワックスと同様、毛をある程度伸ばして初めて使える方法です。生えかけの短い毛には使えません。生えかけの短い毛を何とかする方法はほとんどありません。毛抜きだと膨大な時間がかかります。それでもうまく抜ければいいのですが、途中で切れると埋もれ毛になったりします。肌も傷つけることが多くなり、ぶつぶつになりますね。ムダ毛の自己処理って、際限がないし、やればやるほど肌はボロボロになるし、で救われない作業なんです。レーザー脱毛が人気なわけです。

永久脱毛を東京で行う際には、利用者の評判や実績、費用など、様々な点を総合的に判断することで、安心して施術が受けられます。