年代別、使うべき美容液丸わかり。年齢に合わせたお手入れで美肌ゲット!

美容液は年代によって使うべき種類が違います

スキンケアの一つとして今や当たり前の美容液ですが、その効果はさまざまですよね。保湿やアンチエイジング、ビタミンC、プラセンタなど、たくさんの効能の美容液が販売されていますが、年代別に使うべき美容液が違うことはご存知でしょうか?「化粧水の次に美容液を付ける」ということが認知されてきた程度にしか、美容液の歴史は無く、その理解がまだ追いついていないのが現状です。年代別に適切な美容液を使うことによって、若々しすぎないけれどまぶしく輝く美肌を手に入れましょう。

20代、30代、・・・年代別美容液はコレ!

まず、基本的なスキンケアをしないとぼろが出始めるのが20代です。10代の頃のように適当なスキンケアでは、途端に吹き出物や毛穴の開きが目立つようになってしまいます。そんな20代が使用すべきなのがビタミンCの配合されている美容液です。それより上の年代よりも、日焼けの怖さがピンと来ないため、日焼け対策が甘いところがあるのです。それを美容液で補う必要があります。30代は20代までにあった潤いが無くなってくる年代です。美容液で保湿性をプラスして、20代の頃のような若々しさをキープさせましょう。

40代50代からはアンチエイジングを念頭に!

40代からはどうしてもできてしまうシミをケアする目的のほかに、アンチエイジングも視野に入れていきましょう。くすみが出てくる年代ですから、くすみケアをうたっている美容液がお勧めです。50代からはプラセンタなどで肌のハリを保つようにしましょう。ふっくら感を出して、シワの堀の深さの癖がつかないように予防する必要があります。このように年代によって美容液の用途は異なります。20代の方が若さを保つためにアンチエイジングの美容液を使用するのは肌質のバランスを失う恐れがありますから、自分の年代に合った美容液を購入するようにしましょう。

美容液の選び方にこだわることで、将来的な肌トラブルの予防が出来るだけでなく、若々しい肌質を維持することも可能です。